カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

地震から1カ月の私

この記事を書いている今日は2016年5月15日。
過去の生地ばかり書くと心配をかけると思い、途中ではありますが今の状況をお知らせします。

とりあえず身体は元気です。
昨日は朝まで眠れました。この一か月間、朝まで眠れたのはたった1日でしたが、昨日で2晩目。余震の来なかった(気付かなかった)状態で目覚めた朝は気持ち良く幸せです^^
頭痛薬を飲む日も減りました。

心の方は・・・
皆そうかもしれませんが、余震が長く来ない時間があると『どんなに大変でも頑張る!』というやる気が出てくるのですが、また強めの余震があると『やっぱり無理。家族の側に居たい。頑張れない』という一日の中でも気持ちが変化してしまう不安定ぶりを発揮しています^^;
でも話してみると皆そう!色んな人と話しながら、息抜きの時間も取りながら、不安が薄れていく日を待ちたいと思います。

少し時間が経った頃、今日の記事を見て、『私、暗っ!全く前向きじゃないじゃん!こんなナイーブな事ばかり書いて恥ずかしい〜!!!』と笑いたいと思います^^

**************************

辛くても涙も出ない日々を送り、アドレナリンMAXだった状態は抜け、余震に怯えながらもちょっとした事で涙ぐんだり、他県ナンバーの災害救援と書いてある車に胸が熱くなったり、東北の方達が『五年前の恩返し』と言って下さることに涙したり・・・
父の実家が大変な状態なので、それを考えると辛くて辛くて・・・

災害の映像を見て思い出して辛くなって涙ぐんだり。

Coco me`reの生地を作って貰っている会社の担当さんから『カットサンプル在中』と書いてある箱を開けたらお菓子が入っていたり、Coco me`reの生地を扱ってくださっている夢の服地たかいさまから保存がきく食品をたくさん頂いたり、振込金額が違う?と思ったら、『何かに役立ててください』とメッセージが届いていたり、いつものお客様からフェイスブックメッセージ・インスタのメッセージ・メールを頂いたり、同業者であるネットの生地屋さんやパターン屋さんから連絡を頂いたり・・・皆様に嬉し涙を頂いています。

そして、作品投稿ページに画像付きのメッセージを頂いたり、インスタで『ココメールさんにエールを送ろう』と書いてある記事を見て、夜一人で号泣したり・・・
落ち着いたら、見つけた記事は印刷して家宝にしますので皆さん消さないでください〜(;_;)
なかなかゆっくり時間が取れないので、落ち着いたら皆様にお礼が言いたいです!!

うまく表現できませんが、私、一人じゃないです。
きっと、私が思っているよりももっとたくさんの方が心配してくださり、想ってくださっているようでした。
過去に戻れるなら、予約を送り終わったらこのままそっとお店を閉めても大丈夫かも。なんて一瞬でも思った私を叱りたいです。

店舗にも亀裂が入り、傾きがあります。
このような状況で熊本では”趣味”に費やする時間やお金を確保出来る人が少なく、きっとネットショップをしていなかったら、地震後すぐに廃業していたと思います。
更新も出来ていないのに、ネットで注文してくださる方もたくさんいらっしゃって、『いつでも良いです。いつまででも待ちます』とメッセージを頂いたり・・・
店頭は暇でも、仕事はたくさんあります。
地震の3日前に終了した予約販売では、過去最多の予約を頂きました。
地震でお店のお休みを頂いている間に生産は進み、余震の回数が減ってきたGW明けに商品が入荷しました。
このスケジュールは本当に奇跡のようです。

これが通常販売でたくさんご注文を受けた後だったら・・・
予約は受けたけど、工場への発注がまだだったら・・・
色々と考えました。
本当に本当に、奇跡のスケジュールで皆さんに生地をお届け出来る段取りが出来ました。

このような災害に遭ってもお仕事がある事、皆さまに支えて頂けている事を強く、強く実感しました。
この地震で人の温かさに触れる事ができ、無駄な経験ではなかった、そして大切な経験だったと思いました。

*****************************

熊本の経営者の方とお話しさせて頂き話したこと。
『続ける事。』
この地震で、たくさんの方がお店を閉め、たくさんの方が職を失いました。

大規模な災害には補助金等の制度が発表されますが、全壊・半壊の場合のみです。
一部損壊とみなされると地震保険は保険金額の5%出ますが、地震保険がかけられるのは『住居のみ』で、店舗にはかけることができません。

という事は、店舗の一部損壊には、何の補助もありません。
(台風等の保険には入っていて、商品にも保険をかけていますが、地震保険というものが特殊で、住居にしかかけられない決まりがあります。)

何もしてくれない大家さんで、地震後に始まった雨漏りのみ対応してくれましたが、生地に湿気は大敵なので、亀裂だらけの店舗は補修・移転のどちらかを選択しなければ長く使うことは出来ません。

まだまだ問題は山積みです。
でも頑張ると決めたので、前に進みます。
たくさん苦労もすると思います。でも、これは絶対に乗り越えます。

Coco me`reに限らず、『これからも頑張って続けていく』と決めた熊本・大分のお店を応援してください。
店舗が被害に遭っていないお店でも、『取引先が減った』『買い控えが起きている』『人が来ない』等の声が聞こえます。

余震が続く中、今すぐ来てくださいとは言えませんが、阿蘇〜大分への大自然は、熊本に住む私でも感動するきれいさで、澄んだ空気が気持ちよく、季節ごとに楽しめるものが違います。
熊本城には今は入れませんが、下にある城彩苑は熊本の物が沢山で歩きやすく、新しいけど趣もあり楽しめます。
皆が『街』と呼ぶ熊本市街地も活気を取り戻してきました。
天草の海鮮丼・イルカウォッチングも通常営業されています。
八代市にはなかなか自慢できるところはありませんが、日奈久温泉の泉質はとても柔らかく癒されます。
日奈久=日奈久断層というイメージがあるかもしれませんが、日奈久には大きな被害がなく、通常営業されています。
”日奈久”という風評被害に悩まれている宿泊施設がたくさんあるそうです。

余震が落ち着いたら是非、大分〜熊本までの南下旅行を楽しまれたり、熊本の物を購入していただいたり、応援してくださると嬉しいです。

そして既にたくさんの応援・ご支援を頂いた皆様、本当にありがとうございます。
お礼もなかなか上手く言えずに過ごしています。
落ち着いたら是非皆様に改めてお礼のメッセージをお届けしたいです。

一日でも早く余震が終わりますように!!