カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

4月15日(前震の翌日)

今まで大きな災害で被害に遭われた方などは、読みたくない事もあるかと思います。
辛い事を思い出してしまう事もあるかもしれませんので、不安な方は以降読まれないことをお薦めします。

前震の翌日。
益城の祖母宅に物資を届けるために食料を買い、車に積み込みました。
リクエストがあった物。
●パン
●カップ麺
●カップご飯(レンジが使えないので、お湯だけ入れて食べれるお茶漬けやドリア等)
●紙皿
●紙コップ
●割りばし

幸いにも水は近くのお家で外に井戸水を出せるところがあり、ご自由にどうぞとの事だったので、そちらにもらいに行けるとの事でした。

これらの物を積み込みをしていると、イベントの主催者の方から連絡があり、『本日17時まで荷物を出せます。間に合わなければ明日以降に』との事だったので、間に合うかわからないけど、益城に行くことは決めていたので、行きますとの返事をし、グランメッセに向かいました。
途中の道は信号もついていませんが、皆さん一台ずつ交代に通るという譲り合い精神で交差点を通過し、通りたい道も迂回だらけ・・・。
とにかく早く着きたい一心で裏道を通り続けましたが、まだ未確認の道のようで、隆起・地割れ・液状化に倒れた壁や倒れた木。
隆起した道はパンクしそうで恐る恐る乗り越えて進みます。
途中、報道陣に道を塞がれ、全く動けず、やっと通れたかと思うと次はカメラが邪魔して曲がれない・・・
焦っても仕方ないという気持ち半分と、運転しながらも何度も揺れ、車が横転するのではないかという恐怖の中、心臓バクバクで1時間50分かけグランメッセ熊本に到着しました。
(このとき、国道三号線を通ると3時間かかったそうです。裏道で正解でした)

グランメッセに到着すると他の出展者の方達の顔を見て安心し、このときはまだ『わ〜ヘリが飛んでる〜!』とか『昨日怖かったね〜今日はまだ余震あるけど、明後日1日だけとかイベント開催できないのかな〜?』とかまだ前震とは気付かず、大変だったと話しながらもワイワイ搬出しました。
他の出展者さんの所も鏡が倒れていたり、洋服が床に落ちていたりといった感じだったので、簡単に整理して会場を出ました。
お店がなかなか開いていないため、持っていたおにぎりを何人かで分け、tear.dropさんにジュースを買っていただき、また会おうね〜!!と笑顔で別れました。

そこから益城の奥へ。
道は渋滞し、傾いた住宅を見て唖然としている方や家の片づけをされている方達を多く見ました。
祖母宅につくと地面は割れ、周りの家は崩れ、今夜どうやって過ごすかを外で話している人たちがたくさん。

祖母の話しを聞くと・・・
布団に寝てテレビを見ていたら急に揺れだし停電した。真暗な中這って逃げた。暗くて方向が分からなくなり、頭の後ろをさっと何かがこすったから、じいさんの遺影が落ちてきたと思った。
懐中電灯で照らすとタンスだったからびっくりした。
との事でした。
祖父・曾祖父・曾祖母の遺影が飾ってあったのですが、全て落ちずにブラーンと三つ垂れ下がっていました。
きっとじいちゃんが助けてくれたんだね。
・・・と涙ながらに話しをしながらも、話している途中も揺れる揺れる・・・
とにかく八代に連れていくよ!!と祖母を車に乗せ、叔母・叔父・いとこたちと別れました。

八代へ帰りたくても益城の橋は全て使えず、東区に入りやっと使える橋があったので、そこから八代へ帰りました。

八代へ帰り、震度3〜4程度の余震の中、馴れてきたので平気で夕食・お風呂。
夜になり少し回数も減ってきていた感じで、地震の報道を見ながら眠りにつきました。(きっとエネルギーをためていたんでしょうね・・・)
誰も終わりと言っていないのに、徐々に終わっていくという思い込み・・・。
話しを聞くと皆そうだったようです。